腰痛を根本改善したいなら和歌山市の整体院 國 –KUNI-

070-1803-1192

【完全予約制】9時〜21時(不定休)

腰痛改善ブログ

2020/12/31(木)

コンプレフロスの効果とメカニズムとは?

スポーツ障害, 健康, 当院の特徴, 膝痛 

 

 

こんにちは!

和歌山県和歌山市で【唯一】の慢性腰痛専門 整体院 國-KUNI-

院長の國中優樹です。

 

今回は以前の続きで

 

”魔法のバンド”こと、「コンプレフロス」の秘密を紹介します\(^o^)/

※ただセミナー内容をすべて書くことは出来ないので、私なりにまとめたものを書きます。

 

 

以前も紹介しましたが、

「コンプレフロスの効果」としては、大きく5つあります

 

  • 筋肉痛の軽減
  • 疲労軽減
  • 可動域の拡大
  • 柔軟性の増加
  • パフォーマンスの向上

 

この効果がなぜ起こるのか?

 

という点は、「コンプレフロスのメカニズム」を知る必要があるので

今回はそれを説明していきます。

 

これが分かれば誰でも自分で改善できますよ♪

 

【メカニズム】

コンプレフロスは「Facia(ファシア)」といった体の組織(筋膜)をメインにアプローチします。

「Facia」というのは、簡単に言えば→線維性結合組織というもので、皮膚と筋肉の間に存在します。

網目上のような繊維で水分を多く含み、1本1本がよく伸びます。

筋肉や皮膚だけでなく、骨・脳・脊髄・心臓・血管等全身くまなく色んな場所に存在する

 

 

ファシアの役割としては、

・組織同士の滑走を良くする

・神経受容体が多く含まれ、力の伝達に関与する

 

例えば

関節の可動域が低下している状態」では、

ファシアの水分量低下→組織の粘弾性向上→滑走性低下

といった悪循環が体の組織に起こっています。

 

これを聞いて勘の鋭い方は気づきますが、

 

そもそも普段水分を補給しない方は、ファシアの流動性は極めて低い

 

ですが

 

コンプレフロスを巻いてひねる(フロッシング)することで、

ファシアの水分量増加→組織の粘弾性低下→滑走性向上

といったことが簡単に起こります。

 

これにより「関節可動域の向上」などの効果が得られるんです!!

 

話だけ聞くと「ホンマかいな!」と思いますがちゃんとホンマです!

私も全力で半信半疑でしたので、笑

 

で、この「フロッシングの効果」を得るためには、2つの大切な理論があります。

 

➀イージーフロッシングテクニック

1、動きや、痛みを改善したい部位・痛みの原因の場所に対してコンプレフロスを巻く。

2、バンドの圧力と関節&筋肉動作で、バンド固定箇所の血流や体内水分をせき止めた後、バンドを外し一気に滞留を組織へ流し込む。

 

②スポンジ効果

ファシアは、スポンジのように水分を含むため、

一気に滞留(血液・水分)が組織に流れ込むことにより、Facia内の水分量が増加し 、上記の効果がしっかりと得られる。

 

フロッシング効果の1つである疲労の軽減は、

血液や体内水分の滞留を流すことにより、疲労物質を流す効果もあります。

 

当院に来られる社会人バスケの選手で、試合中によく”足をつる”ことが多かったのですが

コンプレフロスをインターバル中に巻くようになってからは、

”足をつる”ことが激減したそうです!

 

「疼痛の軽減」に関しては、

ファシアに存在する末梢神経を圧迫することによって「神経抑制」がかかり「疼痛の緩和」に繋がります。

ただ、「神経抑制」がかかると元々ある「出力」が落ちるので、運動前には”適度な圧迫”をオススメします。

 

で、これは私の感覚なんですが

 

痛み改善が目的 → しっかり圧迫を加え、疼痛部位に重ねて巻く

          捻挫・挫傷・肉離れも同様!

パフォーマンス向上目的 → 強すぎず、弱すぎず50%ぐらいの適度な強さで巻く

 

感覚で良いと思います!!

 

コンプレフロスのある生活は
「お値段以上の価値ある豊かな生活」になりますよ\(^o^)/

 

次回は、続きで巻き方を紹介します!

 

今すぐ腰痛を改善する